上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
店長の こん です。

CASIO EX-F1のフィルターネジ 62mmに対応した
アダプターリングがKOWAより発売されます。
製品名は「KOWA TSN-AR62」です。
2008年4月30日より順次出荷開始ということですので
当店には5月1日に入荷予定です。

今までは58mm用アダプターリングとステップダウン
リングなどの組み合わせで接続する方法しかありません
でしたが、TSN-AR62のみで接続可能となりますので
システムがすっきりしますね。
更にクリアランスも最短となりますから、周辺減光の点
でも有利かと思います。

KOWA アダプターリング TSN-ARシリーズ
KOWA アダプターリング TSN-ARシリーズ
※写真の中にはTSN-AR62は入っていません。(^_^;)

・製品名:KOWA アダプターリング TSN-AR62
・希望小売価:2,625円(税込み)
でじすこや特価:2,100円(税込み)
・入荷予定日:2008年5月1日


ご購入はこちらから!
http://www.digiscoshop.com/digisco_mart/kowa_adapter_ring.htm



スポンサーサイト
この記事のURL | 2008.04.28(Mon)18:29 | KOWA | 
店長の こん です。

CASIO EXILIM PRO EX-F1 レポート No.3 です。

-*-*-*-*-*-

turboさんのブログ「野鳥写真研究室」にEX-F1の作例比較が
掲載されました。ご参照くださいね。
http://www.digisco.jp/blog/archives/2008/04/exilim_pro_exf1_2.html

-*-*-*-*-*-

■デジスコシステムを組んでみました。
EX-F1デジスコシステム

意外にも究具01ジンバル雲台に載りました。
重心位置は、ヒップサポート付ロングプレートHSP-1Kの範囲内に
収まっています。しかし、照準器や液晶フードなどを装着すると
重心位置が接眼部側へ移動しプレート寸法内ぎりぎりのセット位置
になる可能性があります。
また、EX-F1はフィルターネジだけで接続しているので、衝撃など
カメラ本体に外圧が加わると損傷の可能性がありますね。(^^ゞ
ちょっと怖いです。(^_^;)

【システム構成】
・スコープユニット
KOWA TSN-884 PROMINAR
KOWA TSN-VA2
KOWA TSN-VA2-CR
KOWA TSN-AR58
ヒップサポート付ロングプレートHSP-1K
・カメラユニット
CASIO EXILIM PRO EX-F1
マルミ 62-58mmステップダウンリング
・雲台、三脚ユニット
究具01 ジンバル雲台
軽量パーン棒
GITZO G1228 カーボン三脚

-->EX-F1の接続方法
接続方法

EX-F1はケラレの状況や相性の関係でKOWAのスコープとTSN-VA2の
組み合わせ限定となってしまいます。
他メーカー製の接眼レンズでは、ケラレなしの条件は厳しいと想像できます。
EX-F1デジスコシステムは、KOWAの独壇場ですね。

実際の接続は、次の手順で行いました。
1)TSN-884にTSN-VA2-CRを装着。
2)TSN-VA2-CRへビデオ用アイピースTSN-VA2を接続。
3)TSN-VA2へアダプターリングTSN-AR58を装着。
4)EX-F1のフィルターネジへステップダウンリング62-58mmを装着。
5)TSN-VA2の固定ネジを緩めアウターリングを回しながらTSN-AR58
  とステップダウンリング62-58mmを噛み合わせねじ込んでいきます。
  アダプターリングTSN-AR58を奥までねじ込めたら完成です。

以上のようにEX-F1のフィルターネジだけでカメラ重量を支えてます。
カメラ重量は約740g。自己責任でお願いします。(汗)

※開発Tが対策を検討中という噂が耳に入っております。(笑)

□参考リンク□
・ニュースリリース
http://www.casio.co.jp/release/2008/ex_f1.html
・製品情報
http://dc.casio.jp/product/exilim/ex_f1/
・外観・各部名称
http://dc.casio.jp/product/exilim/ex_f1/overview.html



この記事のURL | 2008.04.12(Sat)15:43 | レポート | 
店長の こん です。
イベントのお知らせです。
東海デジスコ倶楽部OFF会in三重県民の森

とっても活発に活動されている東海デジスコ倶楽部。
来月開催されるOFF会の案内を頂きましたので、ご紹介します。

■日時:2008年5月3日(土) 09:00~15:30
■会場:三重県民の森
■お問合せ:オフ会幹事 会員No.0197 hiro
 ┗ mailto:hiro@digisco.com
■詳細:こちらをご覧下さい
 ┗ http://www.digisco.com/digisco_club/event/080503/

GW期間中ですので、興味のある方は参加お申し込み
してみてはいかがでしょうか。
この機会に「デジスコ倶楽部」へのご入会もどうぞ!!





この記事のURL | 2008.04.11(Fri)16:50 | イベント | 
店長の こん です。
第5回デジスコ写真展

デジスコ倶楽部主催
第5回 デジスコ写真展 がいよいよ来週に迫ってまいりました。
約70点の力作が勢ぞろい!迫力ありますよ~!
更に!事務局からたった今最新情報を入手しました。
A3、A4のみの展示予定でしたが、今回はなんとA1サイズの
作品展示というサプライズもあるようです。見応えあり!!

お時間のある方は、是非お立ち寄りくださいませ。

尚、店長の受付当番は「4月20日(日)」の予定です。
皆さんにお会いできるといいですね。当日はよろしくお願いいたします。


≪東京会場≫
◎日時: 2008年4月15日(火)~21日(月)
10:00~19:00 ※最終日10:00~16:00
◎会場: ニコンサロンbis (新宿エルタワー28F ニコンプラザ新宿内)

≪大阪会場≫
◎日時: 2008年4月27日(日)~29日(火)
  10:00~19:00 ※最終日10:00~18:00
◎会場: ギャラリー・アングルワン




この記事のURL | 2008.04.10(Thu)18:47 | イベント | 
店長の こん です。

CASIO EXILIM PRO EX-F1 レポート No.2 です。

EX-F1 No.2

■インターフェイス
・ビューファインダー(EVF)
※スペック
0.2型、201,600ドット相当
視度調整機能付き

ビューファインダーには期待していましたが、残念ながらお粗末な
作りです。(^_^;)小さい窓を覗いている感じで色見はマゼンダ寄り、
アイポイントによっては周辺像が二重に見えることも。
構図確認には問題ありませんが、ピント確認ははっきりいってでき
ませんでした。デジスコ撮影時には致命的でしょうか。
但し、デジスコ撮影では倍率が高くなるので、その分覗きやすくなる
可能性もあります。この点は、テスト後またの機会に報告します。
デジタル一眼レフとは単純には比較できませんが、手持ちのEOS 40Dと
比べると・・・う~ん、このビューファインダーの評価は「20点!」。
後述の液晶モニターに3倍ルーペ付き液晶フードを付けて覗いた方が
良く見えます。

・液晶モニター(LCD)
※スペック
2.8型ワイドTFTカラー液晶(高性能クリア液晶)
230,160ドット(959×240)画素

CASIOお馴染みの2.8型ワイドモニターです。
右端にはメニューバーがありますので、主な機能はダイレクトで設定
できます。表示情報量も豊富で設定状況を把握しやすくなっています。
視認性ですが、普段常用しているCANON IXY 2000ISと比較すると少々
劣ります。特に液晶保護パネル(アクリル板?)が乱反射して順光時
では見にくいこともありました。スルー画像の解像感も今ひとつ。
ごくごく普通の液晶モニターという評価になりますね。


□参考リンク□
・ニュースリリース
http://www.casio.co.jp/release/2008/ex_f1.html
・製品情報
http://dc.casio.jp/product/exilim/ex_f1/
・外観・各部名称
http://dc.casio.jp/product/exilim/ex_f1/overview.html






この記事のURL | 2008.04.06(Sun)22:25 | レポート | 
店長の こん です。

EX-F1

CASIO EXILIM PRO EX-F1 カメラ単体でのレポートです。

■連写性能
EX-F1は様々な連写設定が用意されています。
連写ダイヤルを回して以下の設定が可能です。
・フラッシュ連写
・パスト連写
・高速連写
・スローライブ
・BKTブラケティング連写

いろんな設定がありますが、デジスコ撮影では主に「高速連写」と
「パスト連写」を活用することが多いと思います。

※高速連写
最大60枚まで撮影。
連写スピードは1 ~7、10、12、15、20、30、60fpsから選択。
(1秒間に何枚撮影するかの設定ですね。)
まさに超高速連写が可能になります。

※パスト連写
シャッター半押し中は常に一時的に静止画を記録。
シャッター全押し後、指を離すまで連続撮影が可能です
撮影枚数は最大60枚。連写スピードは高速連写同様に設定できます。
シャッター全押しの前後で撮影枚数の振り分けも可能です。

>> 評価◎
600万画素で60fpsの高速連写は、やはり凄いです。
シャッターボタンを押してあっという間に撮影完了。
これなら60枚中1枚は面白いシーンが写るかもしれません。
野鳥撮影では、予め飛ぶ方向を予想して飛び出しモノも可能になる
ことでしょう。飛び出しモノにはパスト連写も有効です。

>> 評価×
連写後の書き込み処理は、かなり時間がかかります。
150倍速SDメモリーカード使用時、60fpsで約20~30秒。
ファイルサイズが小さくなりやすいPCの白画面を撮影しても20秒を
切ることはありませんでした。これには正直閉口します。
高速連写では1fpsでも書き込み処理時間が挿入されますので、動き
回る被写体には向いていません。一発勝負に狙いを絞って撮影という
ことになりそうです。
また、シャッタースピードにも難があります。
最低スピードは1/60sに固定されてしまいますので、朝夕、森の中など
暗い条件では露出不足になります。撮影条件も含めてシーン選択が
撮影者に求められます。

★その他の連写機能
・ムーブアウト連写/ムーブイン連写
取説から引用すると・・・
> 被写体が液晶モニター上の枠の中から外に、また枠の外から中に移動
> する移動の瞬間の前後を自動的に連続撮影する機能。
カワセミの飛び出しモノやお決まりの枝に戻る瞬間や蝶やトンボなど
昆虫の撮影にも威力を発揮する機能ですね。
設定はパスト連写に準拠しますが、設定メニューはBSモード(モード
ダイヤル:BS)の中にあり事前に各種設定が必要です。
いきなり目の前にお目当ての野鳥が来た時は、慌ててしまうかもしれ
ませんが、うまく機能した時には面白いシーンの撮影が可能となります。


□参考リンク□
・ニュースリリース
http://www.casio.co.jp/release/2008/ex_f1.html
・製品情報
http://dc.casio.jp/product/exilim/ex_f1/
・外観・各部名称
http://dc.casio.jp/product/exilim/ex_f1/overview.html




この記事のURL | 2008.04.06(Sun)20:16 | レポート | 
店長の こん です。

ちょっと待ちわびた感がありますが。(^^ゞ
ついにやってきました。CASIO EXILIM PRO EX-F1
CASIO EXILIM PRO EX-F1

バッテリー充電が終わって、あれこれ触っていたら・・・
いきなり 開発T から特命が!!
諸般の事情で店長がインプレッションを作成せよと。(笑)
ということで、数回に分けて気になるところを簡単にサクサクと
レポートいたします。本音も書いちゃいますので、どうぞお楽しみに!

あれ?
手元にある kokopelliくんKISS X2よりもずっしり重いぞ。<EX-F1



この記事のURL | 2008.04.02(Wed)21:22 | レポート | 
 | HOME | 
 
プロフィール
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。